パニック障害の経験談です

当サイトは、「パニック障害」を経験した管理人が運営しています

パニック障害との接し方や症状 > 経験談

突然やってきた

楽しいバーベキュー

土曜日のお休み。休みを利用して仲間が集まってバーベキュー。
所帯持ちがほとんどなので大勢の人数が集まった。大人15人、子供15人ぐらい。
グラウンドがあるのでそこで野球をやったり、近くの小川で遊んだり、それはそれは楽しい会となりました。

突然の不安感が襲ってきた

バーベキューの次の日は日曜日。お酒を飲んだので起きたのはお昼前。
部屋でゴロゴロしていると心がモヤモヤして、なんとも言えない恐怖感?不安感?絶望感?がやってきた。心臓が高鳴り、脈が速くなり、冷や汗が流れ出てきた。
どうしたらいいのか分からず、部屋をウロウロ。そんな事をしても、治まらず。お風呂に入ったら気持ちが治まるか?治まらず。逆に狭い空間に居る事がいたたまれなくなって、早々にお風呂からあがる。
気持ちは治まるどころか、逆に強くなっていく気がした。

涙があふれてきた

部屋にいることに耐えられなくなり、外へ出る。ドライブに出かける。しかし、気持ちが晴れる事は無い。
運転してても、不安感は一向に治まる気がしない。側道で一旦止まってみる。そして、大声で泣き出した。涙が止まらない。なぜ、泣いたのか?今でも分からないが、涙が溢れてきた。涙を出しきると気持ちが落ち着くと聞いた事があるが、そんなことはない。

パニック障害の症状

食べれない

食事が喉を通らない。まったく通らない。
食べなきゃと思い、口に食べ物を運んでもぐもぐ口を動かし、喉を通そうとするが、まったく入っていかない。
味噌汁やお茶で流し込むのが精いっぱい。
食べる量は、普段の半分以下に落ち込んだ。なのに食欲は一向にわかない。というか、食べたくない。食べれない。飲み込めないのだ。

眠れない

パニック障害に襲われてから、眠れなくなった。
寝ようと思って布団に入るが、眠れない。元々、寝付きは悪かったが、そんなもんじゃない。目がパチリとしている。瞼が下りない。
動悸?が半端ない。心臓がドキドキしている音が伝わってきて余計に寝れない。「ドッドッドッドッ、、、」
まったく寝れないに日もあれば、寝たか寝てないか分からないぐらいを2時間ぐらいの日もあった。

強迫性障害の不完全恐怖

部屋に置いてあるものの位置が気になる。置物が三体並んでいるとする、パニック障害になる前は、なんでもなかったが、並びが気になる。等間隔や直線に並んでいないと気になる。すべてのものやいつもではないが、ふとした時に気になる。
その行為は、強迫性障害の不完全恐怖というらしい。最近になって知りました。

良性発作性頭位めまい症

ある日を境にめまいが襲ってきた。いつもではなく、横になった時に限ってめまいが襲ってきた。
めまいは、10秒か20秒で治まる軽微なもの。めまいが起こる姿勢や動作をしなければ普段通り。「なんじゃこのめまいは?」と思ったが、そんなに深刻に考えない
良性発作性頭位めまい症は、この時を境に、何度か患いました。

治療へ

心療内科へ

なんとか治療しないと、と思って病院へ。さて、どんな病院のどんな科目があるか調べてみると、心療内科が良さそうだ。近くの大きな病院に心療内科があったのでそこへ行ってみる。
待合室に入ると、数人が診察待ちをしている。親が付き添いで来ている。落ち着きが無く、どこか心を病んでいるなと見て取れる。
こんなことを言うのは不謹慎だし適当ではないが「俺もあんな感じか?」でも、誰も付き添いもない。心細さは俺の方が強いのか?

こんなことを言う資格はないかもしれないが、病院に行っても無駄じゃない?
医師とのやり取りの詳細は忘れたが、「何かストレスは無い?」とかだけ。問題が自分で分かれば苦労はしない。漠然とした不安と恐怖が心と頭を支配している、言いようのない答えようのない言葉にならない不安。これをストレスとする事はできない。
結局、睡眠薬と抗うつ薬を処方された。見た目が普通だし、強がってのものいいで、「この子は大丈夫なんじゃないだろうか?」と思われたから真剣に診察をしてくれなかったのかもね。

結局、心療内科へ行ったのはこれ一度だけ。一回行ってどんなところか分かったし、多分、良くはならないかなと思ったからね。

睡眠薬

心療内科を訪れたその日の夜。眠れない夜がまたやってきた。ココは睡眠薬を飲んでぐっすり眠りたい?
でも、思った。勝手に思った。ココで睡眠薬を飲んで眠ってもそれは一時的に眠っただけ。眠りをサポートしてもらっただけ。これではダメだ。と思った。
ということで睡眠薬は飲まなかった。もちろん、眠れなかった。でも、飲まなかった。

抗うつ薬

抗うつ薬は、一日だけ飲みました。でも、やっぱり薬に頼るのは良くないと勝手に判断。薬って依存してしまう、とおもってます。

自己治療

体力強化だ

漠然とした不安や得体のしれない恐怖感などは、自分の心が弱いからだと考えました。心を鍛えるのは?方法が分かりません。が、心ではなく体を鍛えれば心も少しは鍛える事ができるかも、と考えました。
そこで、筋トレです。筋トレで体を鍛えて、もしかしたら心も鍛えられるのか、飛躍した考え。そんなの関係ないよ、という人がほとんどだとおもいます。でも、俺はこれが大いに役立ちました。完全に治るとは言えませんが、助けになりました。パニック障害の体験談としてお役に立てる部分のだと思います。

太陽光を浴びて汗をかく

太陽光を浴びて汗をかく。この二つを手軽に行えるのが、散歩です。
太陽光を浴びると、心がリフレッシュされます。汗をかくと体内から嫌なものが外へと流れ出ます。そして、散歩中は頭をからっぽにできるのでパニック障害から解放されます。
症状が出ると、外へ出るのが苦しくなったりもします。ですが、勇気を出して一歩を踏み出して外へ出ましょう。

仲間

パニック障害を患った時は、専門学校へ通ってました。学校へ通うバスに乗るのも不安できたが、なんとか乗り切り。バスから学校までの道のりも不安でしたが、音楽を聴きながらなんとか通いました。
学校へ着くと友人が待ってます。話をしたり、食事をしたり、学校終わりにどこかへ行ったり、なにかと気が晴れました。これは、非常に重要です。気が晴れる忘れる時間が必要です。そのような時間を取れるのも友人とのやり取りの中にありました。

完治?

予期不安

予期不安とは、ある行動を取ると「またあの不安や恐怖が襲ってくるんじゃないか?」と思うことによって不安感に襲われる事です。
漠然とした不安感や恐怖感、破滅するような心情は、一時よりは治まってきましたが、「予期不安」が、症状として出るようになりました。

不安感や恐怖感

漠然とした不安感や恐怖感は一時よりも治まりました。
これは、仲間と過ごした事により気が晴れた結果なのかも。または、時間が解決してくれたのかも。明確な理由は分かりませんが、3か月ほどである程度は解消されました。ただ、あまり眠れないなどは依然として続きました。

これで問題なし

漠然とした不安感や破滅するような恐怖感はなくなりました。何が要因かは分かっていません。時間が解決してくれた、友達とのかかわりで解決できた、体力強化で心を強くできた、どれが正解かは分かってませんが、なんとか問題ないぐらいまで症状を軽減できました。たた、予期不安だけは、、、

予期不安

旅行

旅行に行こうとすると、予期不安が襲ってきます。
ちなみにこれを書いている数日後に海外旅行に行く予定です。海外旅行に行くために航空券を予約してから「予期不安」が出るようになりました。漠然とした不安感です。「大丈夫か?」「旅行先でパニック障害にならないか?」なんかモヤモヤした感じです。

海外旅行だけではなく、国内旅行でも「予期不安」が出ました。
ただ、年に何度か宮崎へ旅行に行きましたが、最初は出ず、二度目は出ず、三度目も出ず、四度目で出ました。これは何を意味するのでしょうか?三度目と四度目は、2カ月弱の期間の開きしかありません。この期間に何が起こったわけでもありません。

予期不安は、不安だなと思うことであり。実際に行ってみると、なんともありません。行く前の不安はどこへ行ったのか?そんな事は忘れてしまって、ケロッとしています。
予期不安なんてそんなもんなんです。

最後に

一歩を踏み出す

三歩も四歩も踏み出す必要はありません。でも、一歩を踏み出しましょう。一歩だけでいいんです。少しだけ。

予期不安は寝ると意外に忘れる

一晩寝ると症状はかなり改善されます。二晩寝ると少しだけ、三晩寝るとほぼ解消されます。
「寝れません」という方、睡眠薬を処方してもらい寝るようにしましょう。僕の場合は、薬を拒否し、飲酒をしました。通常の晩酌よりもかなり多めに飲みます。体には悪いですが、脳が考えられなくなるぐらいまでお酒を飲んで寝たほうが、次の日はちょっとよくなっています。寝ないのは、本当に苦しいし症状がよくならない。

気を紛らわす物を用意しておく

症状が出ている時は、その事ばかり考えてしまいます。それが非常に悪い。悪循環です。考えても考えても答えは出ない。忘れるに限る。
忘れるためには、他の事を考えればいい。他の事を考える何かを普段の時から用意しておく。
僕の場合は、漫画です。漫画を読んでいる時は、それに集中できるので忘れる事ができる。それでも、症状が重たい時には少しの効果しかありません。それでも気を紛らす事はできます。