パニック障害との接し方や症状をチェックします

当サイトは、「パニック障害」を経験した管理人が運営しています

パニック障害との接し方や症状 >

パニック障害の症状

パニック発作

パニック発作とは、突然の強い不安感、脅威や恐怖感が訪れます。突然にやってくるので、それに対応する間がないのが特徴です。パニック発作に見舞われると「今すぐにでも破滅してしまうのではないか?自分はどうなるのか?」と思うようになります。また、心中で「ウォ~~~」って言葉を発さずにはいられないような錯乱状態に襲われたりもします。
また、動悸、胸痛、腹部の不快感、息切れ、呼吸困難、食欲不振、嚥下障害、悪寒、発汗、速脈、などの自覚症状もあらわれます。また、息遣いが早くなります。

広場恐怖

広場恐怖とは、言葉から広い場所が怖いと感じると思われますが、そうではありません。
自分の知っている場所ではなかったり、狭い場所などで助けを呼ぶ事ができなかったり、すぐに逃げる事が出来ない場所です。
狭い場所では、エレベーターの中であったり、電車の中であったり、です。
広場恐怖がでると家から一歩も外に出なくなります。ただし、家族の人などと外出はできます。

予期不安

予期不安とは、どこかに行くと広場恐怖が出るのではないかと、思ってしまうことにより症状が出てきます。
例えば、旅行なんかもその一種です。一人で旅行に行った先で広場恐怖が出るのではないかと思ってしまう。友人や知人と一緒だと予期不安はあまり出る事はありません。

症状をチェック

パニック障害になると、上記に示したパニック発作や広場恐怖が症状として現れます。
これらは、同時に出る時もあるし、一つだけ出現する時もあります。

一般的な症状のチェックとしては、最初に「パニック発作」が現れます。そして、広場恐怖が出現し、予期不安を伴います。
治療を続けていると、「パニック発作」が治まり、広場恐怖も落ち着きますが、予期不安はたびたび出現します。

原因

これが原因だということを特定することは難しい。一般的にストレスなどが原因の精神的疾患だと言われています。
ただ、近年では脳の病気の一種だとされるようになりました。

治療

投薬治療が主流となります。
不安を抑える「抗不安薬」や「抗うつ薬」などが処方されます。
「抗不安薬」を飲むことにより不安感が徐々に解消され、「抗うつ薬」を継続的に飲むことにより次第に症状が落ち着いて行くようになります。これらの投薬治療に関しては医師の話をよく聞いて治療を行うようにしましょう。

パニック障害の方との接し方

パニック障害の方との接し方で一番いいのは、寄り添うこと。あくまでも自己を主張しないで寄り添うこと。

安易な「大丈夫だよ」「そんなの心配ないよ」などの無責任な発言は控えるようにしましょう。不安感や恐怖感は、本人にしか分からない想像を絶するほど巨大なものです。

気分が良さそうな時には、外へ一緒に行く。外が難しければ家の外だけでも、玄関の外だけでも。でも、強要はしない。これぐらいはできるだろうと考えないこと。

2017年5月10日現在の状況

たまに不安症状が出てくる。「大丈夫かな?」「なんか胸が圧迫されているような」「どこに行くんだろう?」って、漠然とした不安感。これは、付き合っていくしかしょうがないような気がする。

不安で押しつぶされそうになったときの対処法。
音楽を聞いたり、漫画を読んだり、ネットで動画を見たり。内にこもらず外に逃げる。逃げる手立てを常に身近に持っておく。これに限る。でないと、不安がどんどん増殖しちゃう。そして、、、

近くに紛らわす物や事を置いておく。